顔汗を止める薬って?

顔汗を止める方法の一つに薬があります。簡単に手に入るものもあるので、このサイトでご紹介します。

顔汗を止める薬って本当に効果あるの?⇒こういう仕組みで止まるんです

乾燥した室内にいると、顔の皮膚を守ろうとして顔汗がたくさん出てきますよね。
女性にとって顔汗は化粧を崩す大敵です。

ホントにイヤになる顔汗をなんとかしてくれる薬に、どんな効果があるのか調査してみましたよ。

顔汗を止める薬にはどんな効果があるの?

顔汗を止める薬は色々と販売されていますけど、ホントに効果ってあるんでしょうかね。
調査をしてみたら、意外に顔汗にキクと言うことが分かりましたよ。

例えば、顔汗を止める薬の中に入っている成分が、脳から汗を出す指令を送るアセチルコリンという物質を、止めてくれる効果があると考えられています。
顔汗の大元である脳の指令を、ピタッと止められるなんて夢のようですよね。

 

脳から作り出されるアセチルコリンと言う物質を止めるなんて、ちょっと効果がコワイと思われるかも知れませんが、病院で一般的な薬として処方されていると知ると安心です
この薬は顔汗を止めるだけでは無くて、胃液の分泌を抑えたり粘膜の刺激を抑えたりする効果もあります。

胃腸薬として普通に使われているので安心ですよ。

人気の薬の効果をチェック

さらに人気の顔汗を止める薬の効果をチェックしていきましょう。
ローションタイプやロールオンタイプの顔汗止めの薬もありますよ。

こういったタイプの顔汗を止める薬には、塩化アルミニウムが配合されています
有効成分の塩化アルミニウムが顔の汗腺の汗成分と結びつくことによって、水酸化アルミニウムになります。

 

水酸化アルミニウムに変化すると汗腺の中で角栓が作られて、自然と汗をかかないように蓋をしてくれます。
角栓というのは体の中で自然と作られるものなので、顔の皮膚を痛めないですし、副作用も見られないと言われているので安心です

汗腺に蓋がされるので、顔汗をかかないだけでは無くて、空気中に含まれている雑菌から毛穴を守ってくれます。
毛穴の黒ずみや、毛穴に汚れが溜まって汗が臭うなんて事も防げるので助かりますね。

顔汗を止める薬の効果を高める方法

顔汗を止める薬の効果を高める方法は、薬を使いながらも顔用の制汗剤を一緒に使う方法です。
脇の下や足の汗というのは洋服で隠すことが出来ますが、顔はいつも外に出ているので顔汗って隠しにくいですよね。

だから顔汗を目立たせないように、顔汗を止める薬と制汗剤を上手に組み合わせて使って行きましょう。
顔に使える制汗剤の特長は、無添加成分が使われていることや、医薬部外品で安全が認められているという点ですよ。

 

ジェルクリームタイプなどがおすすめです。
なぜかと言うと、肌にしっかりフィットして浸透してくれるので、汗を止める効果が高いんですよね。

顔汗を止める薬と組み合わせて使うと、もう化粧の崩れを心配しなくてすみますよ。
夏でも冬でもいつでも気になる顔汗は、顔汗を止めてくれる薬を使うことによって対処できます。

 

顔汗を止める薬の効果は思ったよりも高いので、これからは手放せそうにありません。
効果を高めるために、顔用の制汗剤もしっかり活用していきたいですね。

公開日: