顔汗を止める薬って?

顔汗を止める方法の一つに薬があります。簡単に手に入るものもあるので、このサイトでご紹介します。

顔汗の病院での治療方法って?皮膚科ではこんなことをします

   

顔汗の問題を抱えていると、病院で治療してもらえたら楽なのにと思うことがあるかも知れませんね。
ダラダラと顔から滝のように汗が出てくると不快ですし、恥ずかしいですよね。

病院ではどんな治療が行なわれているのかを紹介したいと思います。

顔汗の治療は病院で出来るの?

顔汗の治療は皮膚科で対応してもらえますよ
病院によっては、多汗症専門外来とか発汗異常外来などがあって、専門の医師が対応してくれます。

自分の家の近くに汗の専門医がいるなら、その病院に行ってみるのも良いですよね
病院で行なわれる治療は塩化アルミニウムを塗ったり、ボツリヌス注射をしたりする方法ですよ。

 

塩化アルミニウムを顔の皮膚に塗ることによって、汗を出す細胞に働きかけて汗を止めようとします
この治療の嬉しい点は、治療費が安くて保険が適用されることですね。

ボツリヌス注射は、ボトックス注射とも呼ばれていますよ。
よくエステなどで使われる注射だけど、顔汗用にも使われるんですね。

 

ボツリヌス注射をすると顔の神経がブロックされて、汗をかかないようにしていきます
顔にこの注射の治療をすると、保険がきかないのがちょっとツラい点です。

医師が処方する顔汗を止める薬の特徴とは?

医師が処方してくれる顔汗を止める薬は、プロパンテリンという薬です。
プロパンテリンは、汗腺を刺激して汗を分泌するアセチルコリンと言う物質を抑制してくれますよ。

顔汗だけでは無く、他の部位の多汗症にも使える薬で、病院で処方してもらうと保険が適用されます。
プロパンテリンを服用すると、顔汗などをしっかり抑えられますよ

 

どうしても病院に行って処方してもらうのが面倒だと思うなら、インターネットで購入することも可能です。
海外のプロパンテリンを自分で購入できるので気軽に使えますが、保険がきかないという点は覚えておいて下さいね

プロパンテリンを服用すると、喉が異様に渇いたり目がかすんだりするという副作用が見られる場合がありますよ。
副作用は、個人によって出たり出なかったりするけど、注意するに越したことはないですね。

 

顔汗を止める薬は病院で処方されるけど、自分でインターネットで購入できるのは助かりますよね。
皮膚科などで治療をしてもらうことも出来るので、自分に一番合った対処法を見つけていきたいと思います。

 - 顔汗を止める薬