顔汗を止める薬って?

顔汗を止める方法の一つに薬があります。簡単に手に入るものもあるので、このサイトでご紹介します。

顔汗を止める飲み薬のメリットとデメリットって?

   

顔汗の悩みは他の人に話にくいものだけど、こっそり飲み薬で治せるなら嬉しいですよね。
ベタベタして不快な顔汗対策のために、飲み薬がどうして役立つのか解説します。

飲み薬のメリットやデメリットをチェックしておきましょう。

飲み薬のメリットとデメリット

顔に塗るタイプの顔汗止めの薬と違って、飲み薬のメリットは効果が強く、早く効き目を実感できることですよ。
即効性があるので色々な顔汗を止める薬を試さなくても良いので、トータルコストが安くなるのも嬉しいポイントです。

デメリットとしては一時的な効果しか望めないこと
出来れば顔汗の問題自体を解決したいけど、残念ながら飲み薬の場合は飲んだ後の数時間しか効き目は無いんです。

 

ただ、ここでしっかり顔汗を止めたいと言うときには効果バツグンですよ。
飲み薬の場合は顔汗だけでは無くて脇の下や背中、足の汗などすべての分野に効果があるので助かります。

飲み薬が顔汗を抑えるメカニズム

どうして飲み薬で顔汗を抑えられるのでしょうか。
なぜなら顔汗を止める薬を飲むことによって、神経伝達物質のアセチルコリンが抑制されるからです。

アセチルコリンというのは、汗をかくという指令を脳から体の各部分に伝える物質です。
この物質を押さえることが出来れば、汗はかきにくくなるんですよ。

 

アセチルコリンを押さえる抗コリン作用を持った飲み薬を飲むと、全身の汗を抑えることが可能です。
顔汗を止める薬を飲んで、1時間後くらいから汗の分泌量が落ちてきて、大抵3時間半前後は効果が持続しますよ。

その後は、また元通りアセチルコリンが働くので、汗をかいてしまうんですよね。
でもピンポイントで顔汗を止めてくれるのというのは結構使えますね。

人気の飲み薬に特長とは?

顔汗を止める薬にはたくさんの種類があって、即効性がない代わりに副作用も少ないタイプがありますよ。
即効性がある薬はどうしても喉がスゴく渇いてしまったり、尿の量が減ったりする副作用が出ます。

人気の飲み薬は副作用を抑えた代わりに、即効性は無いけれど、飲み続けることで顔汗をかきにくい体質になるようになっていきます
例えば、汗をかく原因の一つは緊張感と言われていますけど、その緊張感を和らげる飲み薬が人気です。

 

動悸や不安などを和らげて汗の量を抑える特長がありますよ。
更年期の時には気分が乱れて顔汗をかきやすくなるので、更年期の女性にもおススメです。

飲み薬タイプの顔汗を止める薬には、効果が強く即効性を実感できるメリットがあります。
でも副作用が心配という人は、もう少しマイルドな飲み薬を試してみることも出来ますよ。

 - 顔汗を止める薬